うたかたの花(泡沫之花)

穢れも知らずに 無邪気なまま
青い鳥を追いかけ 彷徨った
夢の宿り木を かざしながら
千の願い 叶うように

尚未浸染任何污濁 就保留著天真無邪
追尋著幸福的青鳥而徬徨著
隱身於寄生著夢境的樹蔭下
祈禱著眾多的願望得以實現

めぐりめぐる時の中で
旅人は誰も皆
涙の跡をたどって 寄る辺なく明日を目指す

輪迴又輪迴的時間之中
所有的旅人皆是
循著淚水的痕跡 朝著漂泊無著的明日而去

はらはら風に 舞い散る記憶
愛しいあの人の面影は
そっと触れれば 刹那に消える
幻の影と 蜃気楼

隨著風而零落舞散的記憶
心愛的那人的殘存身影
指尖輕觸的剎那便消失無蹤
化為虛幻之影和海市蜃樓

星の輝きを忘れぬように
真昼の月をのぞいた万華鏡

祈禱著能不忘記星光
窺視著白晝之月的萬花筒

夜の静寂 現の夢
生まれ変われるのなら
名前もない一輪の 路傍の花になりたい

夜之靜寂 現世的幻夢
若是能再度轉生
願能成為路旁的一朵無名之花

ゆらゆら揺れて たゆたう心
過ぎしあの日々の想い出は
瞳閉じれば あわく溶けゆく
その温もり抱きしめて

無助的搖擺著 飄浮不定的心
已逝往日的回憶
每當閉上雙眼 總是漸漸褪色消逝
只能緊緊抱著殘留的溫暖

はらはら風に 舞い散る記憶
愛しいあの人の面影は
そっと触れれば 刹那に消える
幸せのかけら 蜃気楼

隨著風而零落舞散的記憶
心愛的那人的殘存身影
指尖輕觸的剎那便消失無蹤
幸福的碎片像是海市蜃樓

棚引く雲に 思いを乗せて
結んだ絆 あの約束も
時代をかけ抜く風になれ

將思念寄予隨風伸展的雲
互相締結的牽絆以及那個約定
將成為飛越時代的風

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *